08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

次男くん、出産記録

次男くんの出産記録を残しておこうと思います。

10月11日
夕方から1時間に4~5回の張りがあり、気になりながらも夕食の準備やら
夕食を済ませる。

張りの間隔は変わらず、痛みもないので入浴~洗濯を終了。
翌日健診なので、そのまま様子をみようかと思ったけど
入院案内に、経産婦は痛みがなくても15分間隔の張りがきたら
病院へ連絡を…なんて書いてあったのを思い出す。

22時
とりあえず、病院へ15分間隔くらいで張りがあり痛みはない事を
伝えると、一応入院の準備をして来院するように言われる。

22時30分
病院へ着
分娩室で助産師さんの診察で、子宮口は4センチ開大
NSTでは、赤ちゃんは元気で陣痛はまだきていないとの事。
ただ、3人目と言う事で今帰っても、陣痛が始まると進みが早いので
入院したほうが良いと言われてしまう。
深夜勤の助産師さんにも、診察をしてもらうようにと言われ
そのまま、分娩室で待つことに…

診察だけしてもらって、帰る気満々だったので来院したことを後悔

23時30分
深夜勤の助産師さんの診察
ベテランの助産師さんらしく、内診もちょっと手荒いというか容赦なし
やはり、3人目と言う事で家に帰るより入院して様子を見たほうが
安心でしょうと言われる。
内診が刺激になり陣痛がくる事も考えられるので…と付け加えられる。

その後、病室へ案内される
もし、このまま陣痛が来なければ明日帰るか?
長男の時のように、誘発で産むのか旦那と話し合う。

翌週、義父の入院&手術が決まっていることもあり
それに出産がかさなると、二人っ子の面倒を見る人が誰もいなくなり
幼稚園の送迎、食事の世話を誰がやるのか?という問題もでてくる。
そうなると、やっぱり、このまま出産にならなければ誘発に…
でも、37週の健診で赤ちゃんは2400g超えたくらいだし
1週間でガッツリ増えているとは思えない…

そんな事を、助産師さんに話すと「38週になってるし、いつ生まれても
大丈夫な時期だから、小さくてもそれほど問題はない」と言われる。
上の子達のことを考えると、やっぱり産むしかないんだなぁと…

10月12日
1時過ぎより、内診の刺激でなのか陣痛らしき痛みが1時間に4~5回
やってくるけど、我慢できる痛みなので深呼吸でやり過ごしながら
ウトウト…

2時 巡視
1時間前くらいから、生理痛のような痛みがあるが、我慢できる痛みと
伝えると、眠れるようなら寝たほうが良いといわれる。
その後4時ごろまで、痛みが気になり携帯で時間を見るけど、痛みの感覚や
強さは変わらず、いつの間にか寝てしまったようで、目が覚めると朝。

旦那に電話をして、どうするか相談。
二人っ子の事を考えると、やっぱり産む方向で決まる。

6時30分 検温
助産師さんに、旦那と相談の結果産むことを伝えると
再度、正期産に入っているので、赤ちゃんが小さくてもあまり
心配はいらないと言われる。


続きを読む

スポンサーサイト

出産の事

今更ですが、今年ももう終わってしまうので、けーちゃんの出産のことを
まとめて書きたいと思います。

9月13日(木)
朝から、陣痛らしきものがあり昼頃から15分間隔
病院に連絡したら、10分間隔になったらまた連絡下さいと言われ、
とりあえず旦那に帰ってきてもらう。

陣痛の間隔が短くなるのを待ってたけのですが、なかなか短くならず、
廊下の雑巾がけやら、キッチンマットの洗濯をして体を動かしてるうちに10分間隔になる

再び病院に連絡し、診察の結果、子宮口3.5センチ開いてると言うことで、
夕方16時に入院になりました。

が、その後2時間で5分間隔になった陣痛も、そこから進まず、21時の診察で
まだまだ時間がかかりそうと言われ、旦那は一時帰宅。
その後も、弱い陣痛はあるもの痛みが強くならず深夜になり、そのまま就寝

9月14日(金)
朝にはすっかり陣痛も遠のいてしまう

朝のドクター診察までに、このまま自然にまかせさらに長丁場になるか?
人工的な処置をして出産するかの選択をせまられ、旦那と話し合い後者を選びました。

ドクター診察時、子宮口3,5センチで昨日の変わらず、どうするか聞かれ
出産したいことを伝え人工破膜をしてもらう。

陣痛室へ移動
午前8時から、点滴で促進剤を開始
助産学生さんが一人ずっと付ききりでそばにいて、世間話をしながら
陣痛をやり過ごす(笑)

午前9時頃
助産婦さんの指示で、容赦なく点滴の量は増やされ痛みも強くなるが
まだ深呼吸で乗り切れる感じで、助産学生さんに「痛みに強いですねぇ~」
などと言われる
トイレに行きたくなり、学生さんに付き添ってもらいトイレへ行く

10時頃に分娩室へ移動(ここで旦那も呼ばれ立会いへ)
まだ、痛みの間に世間話をする余裕あり(笑)
内診で8センチ開大
かなり強い陣痛が襲ってくるなか、学生の内診と、助産師の内診はつらい

他の学生さんが、腰を温めてくれたりマッサージしてくれたりと
至れりつくせり状態のなか、どんどん強まる陣痛
再び内診で全開
ドクターへ連絡、体位を変えたり足カバーをつけたり一気に慌しくなる

子宮口がまだやわらかくないけど、経産婦なのでもう出てくると言われ
助産婦さんに子宮口を広げられながら、いきむこと2,3回
助産婦さんの「先生切って」の一声で会陰切開され、すぐにベビーの頭が出る

頭が出ると同時に、「おぎゃー」と産声を上げるわが子(笑)
胸に手を置き「ハッ ハッ ハッ」と呼吸してるうちに体もでてきた。

続きを読む

やっと産まれました。

本日、午前11時過ぎに2604gの元気な男の子を出産しました。

昨日の日記後の経過は
深夜になり、陣痛も遠退き始め朝には完全に遠退いてしまい、
ドクター診察までに、このまま自然にまかせさらに長丁場になるか?
人工的な処置をして出産するかの選択をせまられ、旦那と話し合う後者を選びました。

ドクター診察の時に、人工被膜をしてもらい午前8時から、点滴で促進剤を始め
10時に分娩室に入り、そのまま、あれよあれよのうちに出産になりました(笑)

希望だった、旦那の立ち合いと「自分で臍の緒を切る」は実現できました。
臍の緒はイカの刺身みをハサミで切るような感じでしょうか(笑)

カンガルーケアはお腹の上に紙しき、その上にベビーを乗せ直接は触らせてもらえず、
処置の後も、抱っこもオッパイもなく新生児室へ連れて行かれました(T_T)
見たかった胎盤も、臍の緒を切った後すぐに言ったのに忘れられたし…
助産婦さんの実習生がいて、いろいろ説明したり教えたりしながらで、忙しかったんでしょうね(>_<)

でも、その実習生のおかげで、ぎりぎりまで楽しくお喋りしながらの出産だったので
リラックスできて、余計な力が入らずあーちゃんの時よりも体が楽なのでまぁ許してやるかって感じですo(^-^)o

その、あーちゃんは昨夜は実家で一人で初めてのお泊りがいい子にできたそうです。
今も、時々「お家」とか「お母ちゃんは?」と言うけど心配ないらしいです。
さすがお姉ちゃん、エライぞ(笑)

入院中です

朝から、陣痛らしきものがあり昼頃から15分間隔になったので
病院に連絡したら、10分間隔になったらまた連絡下さいと言われ、とりあえず旦那に帰ってきてもらい
陣痛の間隔が短くなるのを待ってたけのですが、なかなか短くならず、廊下の雑巾がけやら、
キッチンマットの洗濯をして体を動かしてるうちに10分間隔になったので
再び病院に連絡し、診察の結果、子宮口3.5センチ開いてると言うことで、
夕方16時に入院になりました。

が、その後2時間で5分間隔になった陣痛も、そこから進まず、21時の診察で
まだまだ時間がかかりそうと言われ、二人目なのに長丁場の予感(´Д`)

二人目ちゃんはいつになったら出て来てくれるのでしょうか(笑)

ちなみに、今朝起きてすぐにオロナミンCは飲みました(笑)

FC2カウンター

プロフィール

■名前■
うおちゃん
■家族構成■
旦那さま
あーちゃん
けーちゃん
しょーちゃん

mixiもやってます。探してね

いくつになったの

カテゴリー

お友達blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

ネットでお買い物






★ハンドメイドでお世話になってます★

手芸・生地のたけみや
コットンプラザ
手芸と生地の店 いすず
服地・布地のマツケ
キンカ堂池袋KN店
生地ショップHANAMIZUKI
布の店ブーケ
生地の森(ファブリック・クロス)
hanky panky
布の通販 ノムラテーラー
Az-net手芸
手芸副資材、木工家具のMerci
手作り工房 MY mama
東京アンティーク
ism-ハンドメイド・副資材
手芸ナカムラ

♪愛用してます♪

ブラザーBC6000


ジューキ アーチザン630

 
ロータリーカッター28mm
カッティングマット

♪お気に入りです♪

TB People

RSSフィード